2008年01月28日

クラシックの会場って空気が重い…。

そう思ってる人も多々いるのではないでしょうか。

なーんかかしこまってて
気持ち的には正座で聴かなきゃ
みたいな・・・。

呼吸することさえ許されない((;゚Д゚)ガクガクブルブル

そんな嫌〜な空気が流れてる
てなイメージをお持ちでしょう。

無きにしも非ずダッシュ(走り出すさま)

正直そんな空気もあります。
そして僕もそんな空気が嫌いです。


ではまず
なぜそのような空気が流れるのか?

基本的にクラシック音楽のコンサートは
いわゆる生演奏ってやつですよね。
生演奏ってのは読んで字のごとく
生音で演奏するわけなんですが
これが重要!

我々クラシックの音楽家は
楽器を使って音楽を奏でるのですが
これって自然に創られた音なんですよね。
基本的には何かしらの振動によって作られた音なんです。

例えば弦楽器だと
弦を弓でこすることによって生み出された音
フルートは
吹き込むことによって空気が振動して出来た音
基本的な木管楽器は
リードと呼ばれる薄い木の板が振動して出る音
金管楽器は
唇を振動させて出す音

つまりこれって
自分の加減ひとつで
音が出たり出なかったり
綺麗に鳴らせるか鳴らせないか
常に勝負しているんです!

なので
静かに聴くことによって
演奏者は真剣勝負が出来るわけなんです。

そういったことがあって
シーンとした空気が流れるんですね。

まさに息を飲むってやつ

しかーし
重苦しい空気になる必要は
全然ないんです!


演奏が始まるまでは
プログラムを見ながらおしゃべりしたり
あ〜今日の晩御飯は何にしようかな〜なんて
全然関係ないこと考えたり
クラシックの会場に入ったら
きちんとしないと!とか考えなくていいんですよ決定

怖がる必要はありませんるんるん
路上で歌っている若者も
オーケストラの演奏も
同じ音楽なんですからぴかぴか(新しい)

というわけで
まずは気軽に足を運んでみてください晴れ



次回は演奏が始まってからのお話をしたいと思いますend


※クラシック音楽でも電子楽器を使うこともあります。
posted by みやっち at 18:56| Comment(0) | TrackBack(2) | 基本的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ピアノ名曲110選(A)
Excerpt: ピアノを弾いているなら、この名曲数のうち何曲かは皆さん今まで弾いてきた経験があると思います。ですが、そのお手本となるCDを聴いたことはありますか?何となく自己流の弾き方で「弾ける」と満足してしまっては..
Weblog: クラシックの1日
Tracked: 2008-01-31 11:15


Excerpt: クラシック音楽クラシック音楽(クラシックおんがく)とは直訳では古典である音楽のことであるが、一般には西洋音楽|西洋の芸術音楽を指して言う。「クラシック音楽」の対語としてしばしば「ポピュラー音楽」が使わ..
Weblog: クラッシックの世界
Tracked: 2008-02-16 14:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。