2008年02月25日

オペラって何なのよ

ほほほほほ
今日はオペラを観に行くんざますわよバー


なんて声が聞こえてきそうですが
必ずしもそういう人達だけのものでは
ございやせんダッシュ(走り出すさま)

そもそも
オペラって何?
って感じですよね〜。

イメージはつくかと思います。
最近はオペラ歌手の一般露出が多くなりましたからね。


ではでは
オペラについて
お話ししたいと思いますexclamation×2

基本的にオペラとは
『歌』付きの『演劇』です。

『歌』付きの『演劇』?
それってミュージカルじゃない?
と思ったアナタ!

正解です(笑)はっきりいって同じですよ同じ。
(厳密に言うと違いますよ。はい。同じなんて言うとオペラ関係者とミュージカル関係者から怒られそうですが、違うとわかった上で、あえてここでは同じと言わせていただきます。)

だってぇ〜
ストーリーの間に歌が入るわけでしょ〜。
同じじゃぁ〜ん。

ちなみに辞書で調べてみたら
オペラ【(イタリア)opera】
歌唱を中心にして演じられる音楽劇。16世紀末イタリアで誕生。管弦楽を伴奏とし、扮装(ふんそう)した歌手が舞台上で演技を行う。歌劇。演劇と音楽によって構成される舞台芸術である。
ミュージカル【musical】
米国で発達した、音楽・舞踊などの総合による演劇形式。19世紀後半にオペレッタなどの形式をもとに生まれ、20世紀前半に大きく発展した。芝居、歌、ダンスを組み合わせた演劇である。

上記を見る限り
大きな違いは
時代の違いとダンスの有無。
詳しくはググってみてください(笑)


まずは時代の違い
大まかに言うと
オペラが発展してミュージカルになった
てなことになってるんですが
オペラはオペラで発展しているので
ミュージカルはオペラから派生した
というのが妥当ではないでしょうか。

たぶんオペラ未経験の方のイメージは
19世紀ヨーロッパの衣裳を身に付け
煌びやかなステージが繰り広げられる
そんなイメージをお持ちでしょう。

もちろん
基本的にはそんな感じです。
が!
当時の舞台を現代に置き換えた
そんなのもあるんですよ。
※何年か前のデカプリオ主演の『ロメオとジュリエット』みたいな。

そうなると
歌やストーリーなどはオペラそのものだけど
見た感じはミュージカルみたい。


そして
ダンスの有無なんですが

オペラにもダンス入りのものがあります。
厳密に言うとダンスと言うよりバレエなんですが。

ボロディン作曲の
『イーゴリ公』というオペラは
途中に『ダッタン人の踊り』という
とても有名なダンス(バレエ)が入ります。


しかし
使われる音楽は
基本クラシックなので
そりゃあ眠くなることもありますよ


でも最近(と言っても20世紀代)は
ジャズや電子音楽なんかを取り入れたオペラもあったりします。
もはや、いわゆる『クラシック』『オペラ』
といったイメージでは無いですよね。


そんなわけなんで
ミュージカルは好きという方
演劇は観に行くわよって方
舞台には興味がある!って方
そんな方はオペラも楽しめるはずでするんるん

まぁどちらにしても
舞台や演劇に興味ゼロの方には
つまらないかもしれないですが…バッド(下向き矢印)

次回もオペラについて
少しお話ししますパンチ
posted by みやっち at 14:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 基本的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

わたしが最近気に入ってる
「SpitFunk (スピットファンク)」という
ホーンセクションがかっこいい7人組のバンドがいるんですが
こちらもすごくかっこいいので、
ぜひ聞いてみてください!

http://music.beautymode.net/r_rb.html


Posted by murmure at 2008年02月26日 13:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。