2008年03月31日

交響曲って何〜後編「ソナタ〜オーケストラへ」※追記あり

さて
交響曲って何ってなわけで
まず前回、ソナタ形式について書きましたが
今回はその続きってことで
まだ読んでいない方は読んでくださいませ。


ソナタ形式ってのが基本になって
『ソナタ』というのがあるんです。
前回ちょこっと書きましたが
ソナタ形式と、この『ソナタ』ってのは
別のものでして…。


ややこしやぁ〜
ややこしやぁ〜


『ソナタ』は簡単に言うと題名ですwww

しかしこの『ソナタ』にも基本的な決まりがあるんです。

まず、3楽章もしくは4楽章によって構成されている
わかりやすく言いますと
3つの曲をセットにして、ひとつの『ソナタ』
もしくは4つセットでひとつ。
それぞれ1楽章、2楽章、3楽章って題で別れていて
それをひっくるめて1曲なんですね。

それで、この楽章にも決まりがあって
急→緩→急の計3楽章
または急→緩→舞→急の計4楽章
という構成になっている。
つまり
“速い曲”“ゆっくりな曲”“速い曲”
の3セットか
“速い曲”“ゆっくりな曲”“ダンスの曲”“速い曲”
の4セットか

さらに、そのなかの1つの楽章
おもに1楽章(最初の曲)が
ソナタ形式によって作られている

と、
そんな決まりによって出来ているのが
『ソナタ』です。


ややこしやぁ〜
ややこしやぁ〜



文章にすると難しそうですが
聴いてみると「あ、なるほど」って思いますよひらめき


僕が思うに
これって決まりだったんじゃなくて
流行りだったんじゃないのかなぁ。

GSブーム
フォークブーム
バンドブーム
TKブーム

きっとそんな感じで
この『ソナタ』を書くのが
流行ったんじゃないんですかね〜。
また『ソナタ』を演奏するのがオサレみたいなグッド(上向き矢印)


話がそれましたが
この『ソナタ』は基本的に
ひとりで演奏する
または、ひとりのソロにピアノ伴奏
ってのが主流だったんですが
これをオーケストラで演奏してるのが
交響曲=シンフォニー
なんです!


やっとここまで来た…あせあせ(飛び散る汗)


なので
この交響曲は『ソナタ』と
全く同じことが当てはまるんです。
ただ演奏がオーケストラなだけ。
※まぁ厳密に言うと違いますがたらーっ(汗)

しかし交響曲も時代とともに進化して
この決まりに当てはまらないものも
沢山書かれてきました。

それはまた機会があったら書きますねsoon

わたくしのオケ
EPOCHESTRA NIPPON定期演奏会では
今回お話した交響曲の基本の仕組みが
非常にわかりやすいプログラムになっているので
ぜひ聴いてたしかめてみてください


と、さらっと宣伝した所で(笑)
また次回手(パー)


※言葉が足らなかったので補足しておきますexclamation×2
まず、ソナタやソナタ形式が交響曲の起源ではありませんダッシュ(走り出すさま)
また、前回と今回の定義は、あくまで1例としてですので、例外もございますパンチ
1番肝心であろう調整については割愛しておりますのm(__)m
posted by みやっち at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 基本的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。