2008年04月07日

会場でのマナー〜ケータイ編〜それが大人のマナー

以前
演奏中に咳がでそうになったら〜
というのを書きましたが
今回は演奏中の携帯電話について書きたいと思います。


演奏会が始まる前に
たいてい
「携帯電話の電源をお切りください」
というアナウンスが入ります。

しかし
実際電源を切る人ばかりではありません…バッド(下向き矢印)
いわゆるマナーモードに設定してればOKだと思っているからです手(グー)

しかーし
実はそこに大きな落とし穴があるんです!


では何故
わざわざ電源を切らないといけないのか。

まず演奏中は結構重々しい空気が流れています…。
それは何故かということは以前少しお話しました。

オーケストラの演奏は基本的に
PA(アンプなどの音声増幅器)を使わずに
実際の生の音で演奏します。
それを大きなホール全体へ聴かすわけです。
なのでホール自体が音声増幅器の役割をしていて
小さな音でも会場全体へ響くように出来ているんですね。

ここが重要なポイント

と言うことは
小さい声で隣の人とコソコソ話していても
周りには結構聞こえているんですがく〜(落胆した顔)

それだけホールの設計って綿密に出来ているんですよ。

オーケストラでの演奏は
ダイナミックな大音量も魅力ですが
繊細な小さい音での演奏も
とても感動します。



んで
携帯電話の話に戻りますが

携帯をマナーモードにして
カバンやポケットに入れておいて
安心して演奏を聴いていると
メールの着信が・・・・・phone to

ヴーン
ヴーン
ヴーン
ヴーン


はい、これ周りに響いてます(笑)

思いのほかバイブ音が聞こえるので
本人は超焦りますあせあせ(飛び散る汗)

さらに酷いときは
メールじゃなくて電話の着信があったときダッシュ(走り出すさま)

ヴーン
ヴーン
ヴーン
ヴーン

まずここで焦りますたらーっ(汗)

「ただいま電話に出られません、ピーという発信音の後に…」

はいはい音が漏れてます
さらに焦りまくりですあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


演奏中に着信音が鳴ってしまうのは
誰でも迷惑がかかるのはわかると思いますが
自分のために携帯はマナーモードではなく
電源を切るか、電波OFFモードにすることを
おすすめしますひらめき

それが大人のマナーぴかぴか(新しい)
是非会場で試してください左斜め下
EPOCHESTRA NIPPON 第2回定期演奏会
posted by みやっち at 13:33| Comment(3) | TrackBack(0) | 基本的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!


通りすがりにブログ拝見させて頂き、目に止まりましたので、コメントさせて頂きます^^

音楽好きの私です♪

それでは失礼しますm(_ _)m



Posted by 音の満喫生活★音三昧 at 2008年04月07日 16:25
そうきましたかw
演奏会はギリギリになると思いますがお伺い出来ると思います!
Posted by wackey at 2008年04月08日 20:30
とても魅力的な記事でした!!
また遊びにきます。
ありがとうございます!!
Posted by 履歴書の書き方の見本 at 2011年10月03日 18:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。