2008年05月03日

時間の感覚について

いよいよ5月になりましたexclamation×2
EPOCHESTRA NIPPON第2回定期演奏会の準備に追われております…たらーっ(汗)


今日もまた
友人と話している中でのお話し犬


「じゃあ明日は2時ね〜」
なんて待ち合わせ時間を決めてお別れ
よくありますよね?

しかしそこに
音楽(特に吹奏楽やオーケストラ)をやっている人と
そうでない人の感覚の違いがあるんですひらめき


吹奏楽やオーケストラには
本番を迎える前にリハーサル(合奏)があるんですが
18:00〜
とか
14:00〜
とか決められることが多いんです。


これって
18:00から合奏って意味なんですが
ほとんどの場合18:00に合奏が始まる
ということなんですね。
つまり18:00は集合時間では無い

では集合時間は何時かと言うと時計
明記されないことがよくあるんですダッシュ(走り出すさま)


演奏者はそれぞれ
18:00に合奏が開始出来るように
音出しや調整などの時間を逆算して
それに合わせて会場に入ります。

だいたい平均すると
合奏開始の1時間前から30分前くらい
会場入りする人が多い気がしますねビル



と言うように
18:00と言われたら
18:00には行動が開始できるように
その前に待ち合わせ場所に行ってしまうあせあせ(飛び散る汗)
ということが多々あるそうです。

ま、合奏にギリギリ来る人は
待ち合わせもギリギリですけどね(笑)



EPOCHESTRA NIPPON 第2回定期演奏会
posted by みやっち at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 演奏者のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。