2008年05月14日

足をスリスリ手をスリスリ

本日はオーケストラ演奏中のことを手(パー)

客席から見てるとほとんど気づきませんが
演奏中に奏者が足を床にスリスリと擦りつけることがあります。

それは足の裏が痒くて
どうしても我慢できないから
スリスリ擦りつけてる


わけではありませんダッシュ(走り出すさま)



これは実は
ぴかぴか(新しい)拍手ぴかぴか(新しい)なんです


オーケストラの曲のなかで
ソロの部分があったり
演奏が難しい部分があったり
そんな部分を上手く演奏した奏者に対して
拍手の変わりに足をスリスリするんです

演奏してるから
手を叩くわけにはいきませんからね
「よくやったぞ」ってな感じで
奏者を労ってやるんですね。

また、これの違うバージョンで
手をももの辺りでスリスリすることもあります。



んで

これが
上手くいった奏者を労うだけではないんですよ〜猫

言ってしまえば
演奏を失敗した奏者にたいして
スリスリすることもあるんですwwww

これは失敗したことをイヤミでスリスリするんじゃなくて
「あははは、やっちゃったね、ドンマイわーい(嬉しい顔)
てな感じでスリスリするんです。


さあ
これからオーケストラの演奏を見に行ったら
演奏者の足元も注意して見てくださいひらめき

スリスリしてたら
上手い演奏をしたか
失敗したかですので

ははは

EPOCHESTRA NIPPON 第2回定期演奏会
posted by みやっち at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | オーケストラのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。